普段あまり備えのない
関東地方

突然の大雪は困りますね


大雪が降ったときの困りごととして
エアコンの不具合

暖房運転に設定しているのに、エアコンから暖かい風が出てこない!
運転開始から5分くらいで止まってしまい、しばらくするとまた運転を開始する
エアコンの室外機から異音がする

など異変がありませんか?


解決策としては
室外機を見てみましょう


吹き出したり、吸い込んだりする空気の通り道を確保するため、
室外機の周りの雪を取り除きましょう
吹き出し口・吸い込み口の前は、30センチは空けるようにしましょう
一般的に、室外機の前面が吹き出し口、側面と背面が吸い込み口です
前面だけでなく、側面や背面の障害物にも注意しましょう

室外機の上に積もった雪も、落下して吹き出し口や吸い込み口をふさいでしまう可能性があるので、
取り除いておきましょう
雪を取り除いたら、電源プラグを抜くか、ブレーカーを切ってからもう1度入れなおし、
リモコンで再度運転を開始してください

それでも解決しない場合は
エアコンのメーカーにお問い合わせくださいね 


北に室外機がある場合が多いので
今回のような大雪だと埋もれてしまいます
Fotor_151671100506014

このように
雪かきしてくださいね




室外機まわりを開けておりた方がいい理由

エアコンが部屋を暖める仕組みにあります

エアコンは暖房運転をするとき、屋外の熱を部屋の中に移動させています
実は、冬の冷たい空気の中にも熱が含まれており、その熱をどんどん取り入れることで、
部屋を暖めているのです
部屋の空気に含まれる熱が多いほど部屋は暖かくなります

室外機のしくみ

室外機は、熱を含んだ屋外の空気を吸い込み、冷たい空気を吹き出しています
吸い込み口がふさがっていると、空気を効率的に吸い込むことができません
また、吹き出し口がふさがっていると、
室外機から吹き出された冷たい空気を、室外機が再び吸い込んでしまう
「ショートサーキット」という現象が起こります
すると、屋外の熱を効率よく取り込むことができず、
電気代が高くなってしまうばかりか、暖房運転が停止してしまうこともあるのです
室外機の吸い込み口がふさがっている




 新築・リフォーム・インテリアデザイン 

女性建築家・インテリアコーディネーターのきめ細やかな設計・施工
関東近郊 小さなことでも対応いたします!

お気軽にご相談ください 

お問い合わせは
ナックスペースクリエーションまで